バックスが快勝 100点以上は歴代5位の80試合連続 ロケッツは3連勝

[ 2020年2月23日 15:01 ]

31得点を稼いだバックスのアデトクンボ(AP)
Photo By AP

 NBAは22日に各地で7試合を行い、東地区全体首位のバックスは地元ミルウォーキーで5位の76ersを119―98(前半56―56)で下して48勝8敗。ここ18戦で16勝目を挙げ、ホームでは26勝3敗となって貯金を今季初めて「40」とした。

 球宴で主将を務めたヤニス・アデトクンボ(25)は31得点、17リバウンド、8アシストをマーク。バックスは昨季から通算で80試合連続で100点以上をマークしており、これはNBA歴代5位の記録。110点以上も今季リーグ最長の17試合連続となった。

 敗れた76ersは35勝22敗。ホームでは26勝2敗とリーグ最高成績を収めているが、ロードでは9勝20敗と苦戦が続いている。センターのジョエル・エンビード(25)は17得点と11リバウンド。球宴に出場したガードのベン・シモンズ(23)は、開始早々に腰を痛めてロッカールームに下がった。

 ロケッツは敵地ソルトレイクシティーでジャズを120―100(前半62―66)で退けて3連勝で36勝20敗。ジェームズ・ハーデン(30)が38得点、ラッセル・ウエストブルック(31)が34得点を稼ぎ、同率ながらジャズと入れ替わって西地区全体の5位から4位に浮上した。

 西地区全体3位のクリッパーズは地元ロサンゼルスでキングスに103―112(前半48―54)で敗れて37勝19敗。球宴でMVPとなったカワイ・レナード(28)は31得点をマークしたが、チームは3連敗を喫した。ウィザーズが23日に対戦するブルズは地元シカゴでサンズに敗れて8連敗。ホークスは地元アトランタでマーベリクスに競り勝って今季3度目の連勝を飾っている。

 <22日の結果>

キングス(23勝33敗)112―102*クリッパーズ(37勝19敗)
ネッツ(26勝29敗)115―86*ホーネッツ(19勝37敗)
*ホークス(17勝41敗)111―107マーベリクス(34勝23敗)
サンズ(23勝34敗)112―104*ブルズ(19勝38敗)
*バックス(48勝8敗)119―98 76ers(35勝22敗)
ロケッツ(36勝20敗)120―110*ジャス(36勝20敗)
*ヒート(36勝20敗)124―105キャバリアーズ(15勝41敗)

 *はホームチーム

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年2月23日のニュース