遼 腹痛?巻き返しならず「明日良くなってくれればいい」

[ 2020年2月23日 05:30 ]

世界選手権シリーズ メキシコ選手権第2日 ( 2020年2月21日    メキシコ・チャプルテペックGC=7355ヤード、パー71 )

16番でティーショットを放つ石川遼
Photo By 共同

 70位から巻き返しを期した石川だが、1オーバーの72と伸ばせずに停滞。「グリーンが凄く読みにくく、なかなかうまくいかない」と振り返った。関係者によるとおなかを壊しており、腹痛に悩まされながらプレーしていたもようだ。それでも本人は「ゴルフは関係ない」と言い訳にせず、「メキシコ料理はおいしくて食べ過ぎてしまったのかも。明日良くなってくれればいいと思います」と気丈に振る舞った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年2月23日のニュース