クロカン男子10キロ 浦野V 終盤接戦から抜け出し

[ 2020年2月23日 05:30 ]

陸上 日本選手権クロスカントリー ( 2020年2月22日    福岡・海の中道海浜公園 )

シニア男子10キロ終盤に田村友(右)、田村和(左)と激しく競り合う浦野
Photo By スポニチ

 男子(10キロ)は浦野雄平(国学院大)が終盤に抜け出し、29分18秒で優勝した。昨年の日本選手権1万メートル覇者の田村和希(住友電工)が6秒差の2位となり、田村友佑(黒崎播磨)がさらに10秒差の3位だった。

 女子(8キロ)は石沢ゆかり(エディオン)が26分57秒で勝った。1秒差の2位に和田有菜(名城大)が続き、3位には萩谷楓(エディオン)が入った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年2月23日のニュース