横井ゆは菜、初V!SP3位からフリーで逆転 坂本花織2位、樋口新葉は5位

[ 2020年1月8日 05:30 ]

日本学生氷上競技選手権最終日 ( 2020年1月7日    北海道釧路市日本製紙アイスアリーナなど )

横井ゆは菜(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 フィギュアスケートの女子は前日のショートプログラム(SP)で3位だった横井ゆは菜(中京大)がフリー1位で逆転し、合計187・54点で初制覇した。SPで首位だった2018年平昌冬季五輪代表の坂本花織(神戸学院大)はフリー2位の合計186・47点で2位。3月の世界選手権代表の樋口新葉(明大)は5位に終わった。

 男子は友野一希(同大)がSPに続いてフリーも1位となり、合計244・80点で2大会ぶり2度目の優勝を果たした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月8日のニュース