貴景勝、じっくり体づくり「できるだけいい状態で臨みたい」

[ 2020年1月8日 05:30 ]

大相撲初場所12日初日

貴景勝                          
Photo By スポニチ

 大関・貴景勝は都内の部屋で相撲は取らずに調整。四股やてっぽうなどで汗を流し、「体を膨らませてできるだけいい状態で臨みたい」と初日を見据えた。

 前日の横綱審議委員会による稽古総見では朝乃山を指名。三番稽古で力を試したが、大関を狙う新関脇の立場が「去年の自分に状況が似ている」という。自身とは真逆な相撲を取るだけに「負けたら横綱と言う資格ない。勝った方が肯定される。勝った方が皆さんに認められる」と気合を見せた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月8日のニュース