御所実 堅守崩壊4度目準Vも…竹田監督「最後までやり切ってくれた」

[ 2020年1月8日 05:30 ]

第99回全国高校ラグビー大会 決勝   御所実14-23桐蔭学園 ( 2020年1月7日    大阪府東大阪市・花園ラグビー場 )

<全国高校ラグビー 御所実・桐蔭学園>4度目の挑戦も優勝に届かず、涙の御所実フィフティーン(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 御所実のCTB谷中は雨に泣いた。後半16分。桐蔭学園の中央へのカウンターは「来ると分かっていた」と読んでいたが、水分を含む芝生で「滑ってしまった」と反応が遅れ中央ライン付近で抜かれると、FB秋浜にラストパスをつながれ、14―15と逆転。「僕の責任」とうなだれた。

 ヒーローになるはずだった。前半16分、22メートル付近からハンドオフで5人を抜いてトライ。14点差と主導権を握った。だが、決勝まで4試合で1トライ10失点だった守備が崩された。「ワイドな展開に僕たちがついていけなかった。(足元が)滑る中でも(桐蔭学園は)展開してきた」と谷中は完敗を認めた。

 これで4度目の準優勝。週2日の清掃活動など、ラグビーで町の活性化に貢献したことが評価され、前回準優勝の14年度以降、県外からの受験が可能となり、寮が新設、人工芝が敷かれるなどハード面も整い、チーム力は上がった。

 悲願の初優勝はまたお預けだが、竹田寛行監督は「最後までやり切ってくれた」と選手をねぎらっていた。

 ▽御所実の主な3年生の進路 津村大志(帝京大)、川上善也、元林祐太(以上、大阪国際大)、島田彪雅(パナソニック)、沢口飛翔(関大)、西林勇登、稲葉聖馬(以上、大東大)、高居海靖(専大)、谷中廉、黒木潮音(以上、中京大)、冨岡周(関学大)、石岡玲英(法大)、荒島海陸(大産大)、長船鉄心(日体大)、福岡壮太郎(同大)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月8日のニュース