まさか!スタート前に間違えられた「すし板垣」 8位浮上も「ちょっと、JGTOさん!」

[ 2019年6月28日 19:12 ]

男子ゴルフツアー ダンロップ・スリクソン福島オープン第2日 ( 2019年6月28日    福島県・グランディ那須白河GC 6961ヤード、パー72 )

<ダンロップ・スリクソン福島オープン2日目>スタート前、ティーマークのだるまの頭をなでるすし石垣(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 名前を間違えられたのが吉と出た?。17位から出たすし石垣(45=ゴルフパートナー)がボギーなしの5バーディー、67で通算9アンダーで8位に浮上した。ひとケタ順位で決勝ラウンドを迎えるのは、首位通過した2012年のブリヂストン・オープン以来。ホールアウト後はこの日64を出した星野陸也、65を出した秋吉翔太とともに、ギャラリープラザで行われたヒーローインタビューに登場。「パットが良かったです」と喜びを表現した。

 と、そこまでは穏やかな雰囲気だったが、司会者から「名前を間違えられたんですよね」と振られると「スタートホールの選手紹介で、すし“板”垣とコールされたんです。ちょっと、JGTOさん、何とかしてよ~~」と怒りを爆発させた。周囲が笑いに包まれるなか、過去に海外で「“居酒屋”石垣」と言われたことなど苦い過去も明かしたが、最後にはサプライズで当事者の司会者が登場。「お前か~~」と絡んでみたものの、本人から謝罪を受け、最後は苦笑いで「石垣劇場」を収めていた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2019年6月28日のニュース