フェンシング・朝長なつ美 五輪テスト大会で日本人1位「日本で競技してるのが変な感じ」

[ 2019年6月28日 05:30 ]

近代五種 W杯ファイナル第1日 ( 2019年6月27日    東京・武蔵野の森総合スポーツプラザ )

開幕した近代五種のW杯ファイナルで、女子フェンシングのランキングラウンドに出場した朝長なつ美
Photo By 共同

 東京五輪に向けた本格的なテスト大会を兼ねており、国内外の男女各36人が出場。男女フェンシングのランキングラウンドが実施された。日本開催の国際大会が64年東京五輪以来ということを受け、日本人トップの全体11位で初日を終えた朝長なつ美(27=警視庁)は「日本で競技してるのが変な感じ」と苦笑い。会場については「(海外に比べて)衛生面が整っている。コンディションがつくりやすい」と評価した。

 28日は女子決勝が行われ、優勝者は東京五輪出場が決まる。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2019年6月28日のニュース