やり投げ 北口榛花が大会新V!世界選手権切符に「すごくホッとした」

[ 2019年6月28日 17:06 ]

第103回 陸上・日本選手権 ( 2019年6月28日    福岡市・博多の森陸上競技場 )

<日本陸上競技選手権大会>女子やりげ決勝、4回目で大会新記録の63メートル68をマークし信じられないといった表情の北口榛花(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 女子やり投げは、日本記録保持者の北口榛花(21=日大)が大会記録の63メートル68を出し、初優勝した。1投目に62メートル68の大会記録を出す好発進。小躍りをするように喜びんだ。2、3投目は振るわなかったものの、4投目に優勝記録となるビッグスローをした。

 わずか1週間まえに届いた硬めのやりで好記録を出した。慣れない相棒だったが、「ダメなら元のやりに戻せばいい」と心に余裕を持ち、栄冠を勝ち取った。

 高校3年時に世界ユースで優勝した逸材。参加標準記録を切っていたことと、今回の優勝で今秋の世界選手権代表を決め、「長く日本代表に戻れていなかった。すごくホッとしている。しっかり準備したい」と喜んだ。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年6月28日のニュース