八村、ミニキャンプでキレキレプレー 首脳陣がメディアが大絶賛

[ 2019年6月28日 05:30 ]

米プロバスケットボールNBA、ウィザーズのミニキャンプに参加し、全体練習後にシュートのフォームを確認する八村塁(左端)
Photo By 共同

 本拠地ワシントンで実施中のミニキャンプに参加している八村が切れ味鋭いプレーを見せた。2日目の26日は5対5など試合形式のメニューを消化。ゴール近くでボールを受けて、シュートを打つとみせかけて切れ込み、ファウルを受けながら得点するなど持ち味のフィジカルの強さを発揮した。全体練習後はシュートのフォームを入念に確認。ロバート・パック・コーチから「状態は凄くいい。練習を重ねていけばより良くなると思う。楽しみだ」と高く評価された。

 メディアの注目度も依然高く、日米30人を超える報道陣が一挙手一投足を追った。NBCテレビでウィザーズ担当のチェース・ヒューズ氏は「とてもわくわくするね」と盛り上がりを歓迎。八村については「若い選手の中でも突出している。スピード、積極性、あの体の大きさで動けるところが凄い」と絶賛していた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2019年6月28日のニュース