サニブラウン大会新Vも「何とも言えないタイム」 3度目の9秒台は「そのうちに」

[ 2019年6月28日 20:37 ]

第103回陸上日本選手権第2日 ( 2019年6月28日    福岡市・博多の森陸上競技場 )

<日本陸上競技選手権大会>男子100メートル決勝、優勝したサニブラウンは笑顔でポーズ(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 サニブラウン・ハキーム(20=フロリダ大)が大会新記録の10秒02で2年ぶり2度目の優勝。9月にカタール・ドーハで行われる世界選手権代表に内定した。

 「内容的には準決勝の走りのほうがいい内容だったと思う」と会心の走りとはいかなかった様子。それでも「しっかり集中して、やるべきことをやってレースに勝てたことは満足」と2年ぶりの優勝を喜んだ。

 10秒02という記録に「何とも言えないタイム」と率直に話した20歳。9月に開幕する世界選手権へ向けて「しっかり体を休めて、課題を修正して万全の状態で臨みたい」と意気込み、自身3度目となる9秒台についても「そのうちに」と自信をのぞかせた。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2019年6月28日のニュース