男子100メートル決勝 後半無敵のサニブラが中心 桐生、小池は主導権を握れるか

[ 2019年6月28日 13:00 ]

陸上 日本選手権 ( 福岡・博多の森陸上競技場 )

男子100メートル準決勝、10秒05で決勝進出を決めたサニブラウン(中央)(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 【高野進氏 男子100メートル決勝占う】サニブラウンは無風の中で10秒05。しかもまだ余力を残していた。予選で失敗したスタートは、準決勝では力まず前傾して素早く足を運べていた。先頭に立ってからもギアを入れるというより、キープしていたのでもう一段ギアを残していると思う。準決勝は彼の中でいろいろ試しているように見えた。条件が良ければ9秒台も見える走りだった。

 決勝のスタートは関西大の坂井が出て、技術を生かせれば桐生も先行できる。サニブラウンがスタートで前に出られなかったら、桐生、小池がレースの主導権を握ることになると思う。桐生は中盤の走りが良い。集中したら完全に別人になるので1日たって変わるかもしれないし、条件次第だが風に乗ると面白くなる。

 小池は腕と足のさばきがバッチリ合っている。トップスピードまでの運び方が抜群で後半にもかなり勢いがあるので、もしかしたら最後までいくかもしれない。ただ後半勝負でサニブラウンに勝る者はいないし、スタートが決まれば独走にもなる。彼中心であることは間違いない。(男子400メートル日本記録保持者、92年バルセロナ五輪8位、東海大体育学部教授)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2019年6月28日のニュース