寺内 世界選手権メダルで「内定1号」だ!目標は415点

[ 2019年6月16日 05:30 ]

7月世界選手権 男子シンクロ板飛び込み

水泳の世界選手権に向け意気込む、男子シンクロ板飛び込みの寺内(左)、坂井組
Photo By 共同

 坂井とペアを組む寺内は世界選手権でのメダル獲得を視野に入れている。8位以内で東京五輪出場が内定するが「1、2位は飛び抜けているが、あとは混戦。目標はメダルにかかるかどうかの、415点に設定している」と語った。

 2大会連続6度目の五輪を決めれば、日本勢夏季五輪最多出場の馬術・杉谷泰造と並ぶ。個人名での「東京五輪内定1号」になる可能性も高いが「五輪内定より来年に向けて世界とどう戦うか」と強調した。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年6月16日のニュース