鈴木愛が逃げ切り今季2勝目 2位は比嘉真美子

[ 2019年6月16日 15:33 ]

<サントリーL最終日>優勝トロフィーを手にはにかむ鈴木愛(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 女子ゴルフの宮里藍サントリーレディース最終ラウンドは16日、兵庫県・六甲国際GCで行われ、単独首位で出た鈴木愛(25=セールスフォース)は70をマークし、通算12アンダーで今季2勝目を挙げた。

 第3日がサスペンデッドになった影響で、この日は第3ラウンドの9番からスタート。通算10アンダーで単独首位に立ち、最終ラウンドに突入すると、5番でボギーが先行したが、8番でバーディーを奪うと、後半も13、15、17番でスコアを伸ばした。結果、スコア70で通算12アンダーとし、3月のヨコハマタイヤPRGRレディース以来の2勝目、通算11勝目を飾った。比嘉真美子(25=TOYO TIRE)が1打差の2位に入った。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年6月16日のニュース