姉よりお先に!川井友 2連覇で世界切符「つなぐことができた」

[ 2019年6月16日 05:30 ]

レスリング全日本選抜選手権第3日 ( 2019年6月15日    東京・駒沢体育館 )

稲垣(下)を攻める川井友(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 女子62キロ級では全日本優勝の川井友が姉より一足先に世界選手権代表を決めた。

 決勝は1―1の残り55秒に右脚タックルを決める勝負強さを発揮し、2連覇を達成。今でもアドバイスを送り合う姉の大一番に「勝ってつなぐことができてよかった」と安どの表情を見せ、「明日は全力でサポートする。どんな展開でも最後に梨紗子の手が上がれば」とエールを送った。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年6月16日のニュース