須崎 7月PO相手の入江撃破!登坂との決勝へ「勝ちにこだわる」

[ 2019年6月16日 05:30 ]

レスリング全日本選抜選手権第3日 ( 2019年6月15日    東京・駒沢体育館 )

入江(右)に競り勝った須崎(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 女子50キロ級決勝は世界選手権V2の須崎(早大)とリオ五輪48キロ級金メダリスト登坂(東新住建)の対決に決まった。

 初戦で昨年の全日本選手権覇者・入江(自衛隊)と対戦した須崎は、残り2秒でタックルを決めて劇的勝利。優勝者が世界選手権代表を決める7月6日のプレーオフで入江と対戦するが、須崎は「明日もプレーオフも勝って、世界選手権で3連覇して東京五輪へ行く」と力強く話した。一方、登坂は須崎との初対戦へ「1点差でも勝ちにこだわる」と闘志を燃やした。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年6月16日のニュース