17歳上野 女子フルーレ年少V逃す…決勝で韓国選手に敗戦

[ 2019年6月16日 05:30 ]

フェンシング アジア選手権第3日 ( 2019年6月15日    千葉ポートアリーナ )

女子フルーレ個人決勝で韓国選手(左奥)に敗れた上野優佳
Photo By 共同

 女子フルーレは17歳の上野が同種目の史上最年少優勝を逃した。

 世界ランク37位ながら決勝に進撃したが、同8位の韓国選手に7―9で敗戦。残り16秒で相手が左脚を痛めて治療するアクシデントがあったが、逆転には時間が足りなかった。「優勝しか狙っていなかったので悔しい。自分がミスして負けた」。上野を含め8強に日本人が4人進出。18日の団体へ「楽しみ。絶対に優勝したい」と意気込んでいた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2019年6月16日のニュース