鈴木愛 第3R終え通算10アンダーで単独首位 河本結1打差2位

[ 2019年6月16日 09:55 ]

鈴木愛
Photo By スポニチ

 女子ゴルフの宮里藍サントリーレディース最終日は16日、兵庫・六甲国際GCで行われ、前日15日に悪天候でサスペンデッドとなった第3ラウンドの残りが行われた。

 9番の第3打からスタートした鈴木愛(25=セールスフォース)はボギー発進。10番でもボギーを叩いたが、12番でバーディーを奪うと、18番も3メートルのバーディーパットを入れて右拳を握った。スコアは71で、通算10アンダーの単独首位でホールアウト。今季2勝目を狙い、10時に最終ラウンドをスタートする。

 10番から再開した河本結(20=フリー)は出だしがボギーだったが、17番パー5でイーグルを奪うなど第3ラウンドで69をマーク。通算9アンダーの1打差2位で今年3月のアクサ・レディース以来となるツアー通算2勝目を目指す。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年6月16日のニュース