井上、想定通りの記録で6位 ボストン・マラソンに向け「いい練習ができた」

[ 2019年2月11日 05:30 ]

陸上 唐津10マイルロードレース ( 2019年2月10日    佐賀県・唐津市陸上競技場発着 )

海外合宿から帰国初戦の井上は6位でゴール
Photo By スポニチ

 ジャカルタ・アジア大会男子マラソン覇者の井上大仁(MHPS)は46分42秒で6位だった。西山雄介(トヨタ自動車)が46分27秒で優勝。川内優輝(埼玉県庁)は23位だった。

 井上は4月のボストン・マラソンに出場予定。1月に約3週間、ニュージーランドで走り込んだ疲れも見せず、想定通りの記録でゴールし「思った以上に余裕を持って走れた。しっかりいい練習ができた、という感じ」と涼しげに語った。女子10キロは16年リオ五輪1万メートル代表の高島由香(資生堂)が32分49秒で制した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年2月11日のニュース