坂本、4位の結果受け“強気発言封印” まずは「自分に勝てるように」

[ 2019年2月11日 05:30 ]

フィギュアスケート 四大陸選手権第3日 ( 2019年2月9日    米カリフォルニア州アナハイム )

報道陣からプレゼントされたミニーマウスのカチューシャで笑顔の坂本(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 涙の4位に終わった坂本は“強気発言封印”をほのめかした。今大会前は紀平、三原に「勝ちたい」とライバル心をむき出しにした。「相手に勝つことを意識して、それでダメだった。そういったことを考えず、自分に勝てるようにして、世界選手権は思いきっていきたい」。

 この日は買い物に出掛け、口紅を購入。演技中の唇の色を、これまでの明るい赤から深い赤に変える。心機一転、再出発する。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年2月11日のニュース