21歳・加納、男子エぺでW杯初優勝 見延に次いで日本勢2人目の快挙

[ 2019年2月11日 05:30 ]

フェンシング W杯 ( 2019年2月9日    バンクーバー )

 9日に男子エペが行われ、個人決勝で21歳の加納虹輝(早大)がエンリコ・ガロッツォ(イタリア)を15―7で破り、W杯初優勝を果たした。

 日本協会によると、日本勢がこの種目のW杯を制したのはリオデジャネイロ五輪6位の見延和靖(ネクサス)に次いで2人目。愛知県出身の加納は、昨年のジャカルタ・アジア大会の団体で日本男子の初優勝に貢献し、個人でも銅メダルを獲得している。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年2月11日のニュース