勇太、4差15位好発進に満足げ「全体的にショットが良かった」

[ 2019年2月8日 05:30 ]

欧州男子・オーストラリア男子共催ツアー・ISPSハンダ・ビック・オープン第1日   第1日 ( 2019年2月7日    オーストラリアビクトリア州ビーチ・ゴルフ・リンクス=ビーチC6796ヤード、パー72 クリークC6940ヤード、パー72 )

 男子の池田は1イーグル、4バーディーの66で首位と4打差の15位と好発進した。「全体的にショットが良かった。途中で“こんな感じで打てばいい”と気づいて、アイアンの精度が上がった」と満足げに振り返った。

 前半を1アンダーで折り返すと、後半7番で残り208ヤードの第2打を8メートルにつけてイーグル。最終9番でも残り45ヤードの第2打を2・5メートルに寄せてバーディーを奪うなど、後半5アンダーをマークした。第2日は「いい印象」というビーチコースでのラウンド。「せっかくいいスコアで上がれたので、どんどん伸ばしていきたい」と意欲的に語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年2月8日のニュース