SP4位発進の宇野、フリーは最終組の19番

[ 2019年2月8日 17:29 ]

<四大陸選手権男子SP>演技を終え息を吐く宇野昌磨(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 欧州以外の国と地域で争うフィギュアスケートの四大陸選手権は7日(日本時間8日)、男子ショートプログラム(SP)終了後に9日のフリーの滑走順抽選が行われた。SP4位の宇野昌磨(21=トヨタ自動車)は最終組で最初の19番に決まった。

 同7位の田中刑事(24=倉敷芸術科学大大学院)は18番、12位の友野一希(20=同大)は第3組の15番で演技する。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年2月8日のニュース