敏京、ブランク感じさせず手応えスタート「全体的には良かった」

[ 2019年2月8日 05:30 ]

米女子・オーストラリア女子共催ツアー ISPSハンダ・ビック・オープン第1日   第1日 ( 2019年2月7日    オーストラリアビクトリア州ビーチ・ゴルフ・リンクス=ビーチC6479ヤード、パー72 クリークC6573ヤード、パー73 )

野村敏京
Photo By 提供写真

 昨年8月以来の実戦となった野村は、ブランクを感じさせないプレーを披露した。出だしの1番でボギーも4番から4連続バーディーで浮上。後半も2つ伸ばした。18番でバーディーパットを沈めると、笑顔でギャラリーの声援に応え「一日を通じてパットは良かった。ショットもそこそこ良かったので全体的には良かった」と納得の表情。

 腰痛の影響で長期休養を余儀なくされたが「この試合を待ちわびていた。楽しんでいます」と声を弾ませた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年2月8日のニュース