すず夏10位発進、米プロデビュー過去最上位 自己採点で大物感

[ 2019年2月8日 05:30 ]

米女子・オーストラリア女子共催ツアー ISPSハンダ・ビック・オープン第1日 ( 2019年2月7日    オーストラリアビクトリア州ビーチ・ゴルフ・リンクス=ビーチC6479ヤード、パー72 クリークC6573ヤード、パー73 )

好発進の山口すず夏
Photo By 提供写真

 プロデビュー戦となった史上3人目の女子高生プロ、山口すず夏(18=環境ステーション)がクリークコースで6バーディー、1ダブルボギーの4アンダー69で回り、首位から4打差の10位につけた。ビーチコースの野村敏京(26=Q CELLS)も5アンダーの5位と好発進。同時開催の男子は、クリークコースから出た池田勇太(33=フリー)が15位と上々のスタート。同コースの石川遼(27=CASIO)は152位と出遅れた。

 プロデビュー戦とは感じさせぬ堂々としたプレーで10位発進。6バーディーを奪った山口は「初日なので80点ぐらいはあげてもいいかな。やっぱり75点。これだけバーディーを取れたのは成長したのかな」と納得の笑みで自己採点した。

 2番でピン奥4メートルを沈めてバーディーを奪うなど、前半は3つスコアを伸ばして折り返す。後半の10番では第2打をグリーン下に外すもアプローチで4メートルに寄せてバーディー。4アンダーまで伸ばした。11番でバンカーから出すことができずダブルボギーで後退したが、ここで崩れなかった。15番。「これを入れないと予選落ちるかも」と自身に言い聞かせて3メートルのバーディーパットを決める。続く16番も7メートルを沈めた。「ダブルボギーはショックだったのですが、切り替えられた。我慢していたら連続バーディーも来た」と声を弾ませた。

 3月に共立女二高(東京)を卒業する現役の女子高生。20年東京五輪の出場を目指すため「世界ランクを上げるために近道」と米ツアー挑戦を決断した。昨秋の最終予選会で苦しみながらも36位に入って出場権を獲得。今年1月にプロ転向し、いばらの道を選択した。この日はバーディーを奪うと、キャディーだけでなくテレビカメラにも両手の人さし指を向けるポーズを見せるなど、終始リラックスした様子でプレー。「オージーボールをヒントに、キャディーからやってみたらと勧められた」と女子高生らしく愛くるしい笑顔で説明した。

 昨年のオーストラリアアマチュア選手権で日本人初制覇を果たすなど同国との相性も抜群。2日目は舞台がビーチコースに替わるが「2日目が大事なので、最低でもイーブンで。フェアウエーをキープしてたくさんチャンスにつけたい」と目を輝かせる。世界ランクは521位。高くそびえる頂点への挑戦は、最高の形で幕を開けた。

 【山口 すず夏(やまぐち・すずか) 】

 ☆生年月日 2000年(平12)8月20日生まれ、相模原市出身の18歳。

 ☆サイズ 1メートル60、55キロ。血液型はA。

 ☆ゴルフ歴 7歳から始め、中嶋常幸主宰のトミーアカデミーで腕を磨く。神奈川・鵜野森中を経て、東京・共立女二高では17年の全国高校選手権春季大会で優勝。

 ☆最年少記録 15年に全米女子オープン予選会を突破し、日本人最年少の14歳で本戦出場(予選落ち)。

 ☆プロ転向 今年1月にプロ転向を宣言。宮里藍、畑岡奈紗に次ぐ史上3人目の女子高生プロ。

 ☆家族 父・裕之さん(58)、母・奈美さん(52)、兄・亮さん(26)

 ☆友達 プロ転向を宣言した会見で、高校の仲良しグループの4人がサプライズ登場。色紙や花束をプレゼントされた。

 ☆名前の由来 8月生まれのため「夏の文字を入れました」と母・奈美さん。「すず」を平仮名にしたのも母のアイデア。

 ☆好きな食べ物 ピザ、ウニ、イクラ。

 ☆目標とする選手 タイガー・ウッズ。

 【主な選手の米ツアーデビュー戦初日】

 ☆宮里藍(06年2月16日 SBSオープン)初日は日没サスペンデッドとなり、2日目に残り4ホールを消化して2アンダーで13位。最終成績は48位。

 ☆上田桃子(08年2月14日 SBSオープン)4バーディー、3ボギーの1アンダー、71をマークし、首位と4打差23位で発進した。最終成績は5位。

 ☆宮里美香(09年2月12日 SBSオープン)3バーディー、1ボギーの2アンダー、70で12位発進と健闘した。最終成績は55位。

 ☆野村敏京(11年3月18日 RRドネリー・ファウンダーズ・カップ)初日は3オーバーの75で101位と出遅れた。最終成績は予選落ちの77位。

 ☆畑岡奈紗(17年1月26日 ピュアシルク・バハマ・クラシック)4バーディー、3ボギーの1アンダー、72で50位で初ラウンドを終えた。最終成績は予選落ちの80位。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年2月8日のニュース