納谷 3勝3敗の五分に戻した!初の勝ち越しへ「しっかりやるだけ」

[ 2019年1月23日 13:40 ]

大相撲初場所11日目 ( 2019年1月23日    両国国技館 )

<大相撲初場所11日目>海士の島(手前)を押し倒しで破る納谷(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 西幕下60枚目の納谷(大嶽部屋)が、西三段目3枚目の海士の島(八角部屋)を破って3勝3敗の五分の星に戻した。小柄な相手に立ち合いでもろ手付きで攻め、すぐに押し倒した。

 「前に出られて良かったです。相手に合わせないように、はじく感じでいった」と狙い通りの攻めで勝利をものにした。

 出だしから2連勝したが、3番相撲から3連敗を喫した。自分の相撲を取りきれずにいたが「もともと悩んではいない。うまくいかなかっただけ」と捉えており、この日の朝稽古では「必要以上に体を動かした。足がきついかなというくらい」と、考えるより先に十分すぎるウオーミングアップ、基本運動で汗を流した。

 7番相撲に幕下2場所目で初の勝ち越しを懸ける。「しっかりやれば負けないと思っているので、しっかりやるだけ」と前を向いていた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年1月23日のニュース