高安 苦しみながら五分に戻した!終盤戦へ「気持ちですね」

[ 2019年1月23日 05:30 ]

大相撲初場所10日目   ○高安-貴景勝● ( 2019年1月22日    両国国技館 )

はたきこみで貴景勝(左)を破る高安(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 高安が苦しみながらも五分の星に戻した。

 「立ち合いは当たれていたので、押し込まれなかったんですけど」。貴景勝の当たりを受け止めたものの、その後はじわじわと後退。俵に足がかかりかけたところで右に開きながらはたき込みを決めた。

 昨年九州場所では、負ければ貴景勝の優勝が決まる14日目の対戦で引き落としで勝利。優勝を逃したが、初めて千秋楽まで優勝争いに絡んで大関の意地を示した。今場所も大関を狙う22歳を退け「気合を入れていかないと勝てない」と振り返った。5勝5敗で迎える終盤戦に向けても「気持ちですね」と強調した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年1月23日のニュース