明大OB歓喜 吉田義人氏「天国の北島先生も喜んでいると思う」

[ 2019年1月13日 05:30 ]

ラグビー第55回全国大学選手権決勝   明大22―17天理大 ( 2019年1月12日    秩父宮ラグビー場 )

優勝に歓喜の明大フィフティーン(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 実に22季ぶりの王座奪回に、秩父宮に駆けつけた明大OBも歓喜した。09〜12年度に監督を務めた元日本代表WTBの吉田義人氏は「(96年に亡くなった)天国の北島先生も喜んでいると思う」と感慨深げ。「これでやっと強いメイジが戻ってくるのでは」と期待を寄せた。

 また、87年度卒で神戸製鋼でも活躍した元日本代表SO藪木宏之氏(日本協会広報部長)は「W杯の年に神戸製鋼、明大とかつて名前が知られていたチームが復活した。これでラグビーが盛り上がってくれれば」とW杯への関心が高まることを願っていた。

続きを表示

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年1月13日のニュース