どうして?浅田真央さん、小指をけが 断捨離で捨てたスライサーで…

[ 2019年1月8日 11:51 ]

バンクーバー五輪フィギュアスケート女子銀メダリストの浅田真央さん
Photo By スポニチ

 フィギュアスケート女子で10年バンクーバー五輪銀メダリストの浅田真央さん(28)が8日、日本テレビ「バゲット」(月〜木曜前10・25)にVTR出演。断捨離中に小指を負傷したアクシデントについて語った。

 最近ハマっているものとして挙げたのが断捨離。「自宅に帰ると『これもいらないものなんじゃないかな』って、いろいろ捨てちゃう」。捨てるものは主に洋服だといい、ごみ袋20袋分に及んだという。

 また、台所3つあったスライサーを1つで十分と思い、残りを捨てたという。「次の日にゴミ袋をとったら、そこにスライサーがあって、年末に小指をスライサーしてしまい、ちょっと負傷してしまいました。今こんな感じで治し中です」と断捨離が及ぼしたハプニングについて触れ、ばんそうこうが巻かれた小指を恥ずかし気に見せた。

 昨年を振り返り「すごいたくさん泣いてしまった」と反省。「(アイスショーの)公演後に、リンクの上でサプライズのバースデーをしてくれて、それがすごくうれしかったので、泣いちゃいました」。それゆえ「今年は泣かないように、リーダーとしてちゃんとしていきたいなって思います」と笑顔で抱負を語った。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年1月8日のニュース