JOC竹田会長「ベストな環境つくる」仕事始めで五輪へ決意

[ 2019年1月8日 05:30 ]

仕事始めであいさつするJOCの竹田恒和会長
Photo By 共同

 日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長は7日、東京都渋谷区の岸記念体育会館での仕事始めで、20年東京五輪へ「選手が目指すメダルを確実なものとするため、大変重要な一年になる。ベストな環境づくりに万全を期してほしい」と呼び掛けた。

 今年は、春に完成予定の新ビルへの事務局移転を控える。7月には五輪とパラリンピックの選手が共同で使用する第2ナショナルトレーニングセンターも利用が開始される見通し。「JOCの新たな時代の基盤をつくるスタートだ」と語った。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年1月8日のニュース