花園初V大阪桐蔭・綾部監督が秘話 PC画面の準V写真を「俺ら選手が変えようと…」

[ 2019年1月8日 11:44 ]

第98回全国高校ラグビー大会優勝から一夜明け

<大阪桐蔭・桐蔭学園>接戦を制して初優勝を飾り、歓喜の大阪桐蔭フィフティーン(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 第98回全国高校ラグビー大会で初優勝した大阪桐蔭が8日、歓喜から一夜明け、大阪市内の宿舎を引き払って解散した。綾部正史監督(43)は、この日の朝、珈琲を飲みながら朝刊を広げて「ジワッときました」と、感慨にふけったという。トロフィーを手にしながらの集合写真が各紙を飾り、思うところがあったそうだ。

 1年前は、決勝で敗れて準優勝に終わった。「(カメラマンが)誰も写真を撮ってくれなくて、警備の方に写真を撮ってもらいました。その写真が今もパソコンの画面になっています。彼ら(選手)が“あの画面を変えよう”とずっと言ってくれていました」。手塩にかけて育てたメンバーが、有言実行のV。これからパソコンを開くたびに、思い出の1枚がデスクトップに出てくることになる。

 9日に学校報告をし、新チームは10日から指導する予定。1月27日の住吉高戦が日本一後の初公式戦になる。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年1月8日のニュース