川内、今年初レース終え帰国 プロ元年抱負は「挑」

[ 2019年1月8日 05:30 ]

プロ元年の抱負を語った川内
Photo By スポニチ

 公務員ランナー川内優輝(31=埼玉県庁)が7日、香港で行われた今年初レースを終えて羽田空港に帰国した。4月にプロ転向を控える川内は今年を「挑」という漢字一文字で表現。「今までやったことのないことに挑戦する。伸びしろしかないです」とやる気に満ちていた。

 今夏には北海道釧路市で約1カ月の合宿を予定している。社会人になってからは仕事があるために涼しい場所での長期合宿は組めず、これまで学習院大時代の10日間が最長だった。それだけに「涼しいところで合宿したら秋以降にどうなるか興味がありますね」と早くも期待に胸を躍らせていた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年1月8日のニュース