陵侑 日本最多W杯5連勝&シーズン8勝 日の丸“新エース”の素顔

[ 2019年1月8日 05:30 ]

ノルディックスキーW杯ジャンプ男子個人第11戦 ( 2019年1月6日    オーストリア・ビショフスホーフェン ヒルサイズ=HS142メートル )

トロフィーを手に笑顔の小林陵
Photo By 共同

 ジャンプ週間最終戦を兼ねて行われ、日本の新エース小林陵侑(22=土屋ホーム)が2本目にトップの137・5メートルをマークして1本目4位から逆転優勝。67回目を迎えたジャンプ週間史上3度目となる4戦全勝の完全制覇を達成し、日本人では97〜98年シーズンの船木和喜(43=当時デサント、現フィット)に続き2人目の総合優勝を決めた。W杯5連勝、シーズン8勝はいずれも日本最多記録更新となった。

 ◆小林 陵侑(こばやし・りょうゆう)

 ☆生まれとサイズ 1996年(平8)11月8日生まれ、岩手県八幡平市出身の22歳。1メートル74、60キロ。

 ☆ジャンプ一家 兄・潤志郎(雪印メグミルク)は平昌五輪代表、姉・諭果(CHINTAI)、弟・龍尚(岩手・盛岡中央高)もジャンプ選手。

 ☆ジャンプとの出合い 5歳でスキーを始め、小学1年から本格的にジャンプを開始。

 ☆二刀流 盛岡中央高まで複合とジャンプで才能を発揮。12年2月の全国中学スキー大会ではジャンプと複合の2冠を達成。15年4月の土屋ホーム入社後、ジャンプに専念。

 ☆多趣味 ヒップホップなどの音楽、ファッション、スポーツ全般、ドローン。ルービックキューブは難易度の高い4列×4列に挑戦中。

 ☆愛車 「(ローンの)プレッシャーの中で努力すれば結果もついてくるんじゃないか」とポルシェを購入。

 ☆愛称 外国人が発音しにくいため「ロイ」。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年1月8日のニュース