栃ノ心 阿炎下し涙のカド番脱出「勝ち越しで一番うれしい」

[ 2018年9月23日 05:30 ]

大相撲秋場所14日目   ○栃ノ心―阿炎● ( 2018年9月22日    両国国技館 )

阿炎(奥)を下手投げで破り勝ち越し、カド番を脱出した栃ノ心(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 涙のカド番脱出だ。栃ノ心は阿炎の突っ張りをかわしてもろ差しになると、深い左下手からの投げで転がした。2日間の足踏みを経ての給金直し。「やっと勝ち越した。ここまで勝ち越した中で一番うれしい」。風呂場では思わず涙がこぼれた。

 新大関だった名古屋場所で右足親指のじん帯を損傷して途中休場。患部は思うように回復しなかった。「場所前の稽古で勝てなくて、自信をなくした」。不安を抱えたまま土俵に上がり、プレッシャーとも闘っていた。涙の後に笑顔が戻ったジョージア出身大関は「いい稽古をして自分の相撲に自信をつけたい」と先を見据えた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2018年9月23日のニュース