初Vのプリスコバ 大坂思いやる「彼女には明るい未来が待っている」

[ 2018年9月23日 12:54 ]

優勝したKa・プリスコバ
Photo By スポニチ

 女子テニスの東レ・パンパシフィック・オープン最終日は23日、東京・立川でシングルス決勝が行われ、世界ランキング8位のカロリナ・プリスコバ(26=チェコ)が、全米オープン覇者の大坂なおみ(20=日清食品)を6−4、6−4のストレートで下し、初優勝を飾った。

 「ずっと大変な試合ばかりだった」と振り返ったプリスコバ。大坂については「よくプレーしたし、疲れもあったのかなと思う」と思いやり、「でも、彼女には明るい未来が待っている。いい選手。これから頑張ってくれる」と敬意を表した。

 「(大坂も)サーブがすごいので、サーブが大事になると思った」と、要所で1メートル86という長身からの鋭いサーブを決めた。結婚後初となる優勝だったといい、観客からの拍手にも笑顔で応えていた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2018年9月23日のニュース