【玉ノ井親方 視点】御嶽海は慎重すぎる印象 上位と対戦前に修正を

[ 2018年9月12日 08:30 ]

大相撲秋場所3日目   ◯御嶽海―玉鷲● ( 2018年9月11日    両国国技館 )

御嶽海は玉鷲(右)にはたき込みで勝利する(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 御嶽海はこの3日間の取組を見る限り、決していい相撲内容ではない。玉鷲戦も最初の一番は攻め込まれての首投げ。取り直しでは落ち着いて下から入り、前に出たタイミングで引くような感じではたき込んだ。相手の頭がちょうど下がっていたのでうまく決まった。でも、内容的には勝ちを拾った感じだった。

 これから中盤にかけて上位と当たる。今場所は横綱・大関が6人もいて、彼らが乗ってきたら怖い。しっかり修正していかないと通用しない。先場所に比べると、大関獲りが懸かっているからか、相撲が慎重になっている印象を受ける。立ち合いで当たり切れず、押し込めないのも、そういうところに原因がある。本人はプレッシャーに強いと言っているけど、そう思っていても一つ負けると歯車が狂ってくる。気をつけないといけない。(元大関・栃東)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年9月12日のニュース