御嶽海、取り直しは冷静に白星 3連勝でも「しっくりこない」

[ 2018年9月12日 05:30 ]

大相撲秋場所3日目   ◯御嶽海―玉鷲● ( 2018年9月11日    両国国技館 )

御嶽海(右)は玉鷲を破ったかに見えたが同体とみなされ取り直しに(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 御嶽海は玉鷲に押し込まれ、もろ差しを許して追い詰められたところで勝負に出た。捨て身の首投げで相手をはわせたが、自身の体も飛んでいたため物言いに。「自分の中では勝ったと思いました。(自分の中で)負けていたら、ちょっと焦ってましたけど」。ただ、それもすぐに受け入れ、取り直しになった一番で冷静さを失わなかった。立ち合いで玉鷲を引いてタイミング良くはたき込んだ。

 大関獲りに臨む場所で初日から3連勝を飾ったが、「体は動いているけど、しっくりこない」と歯車がうまくかみ合っているわけでない。「まだ始まったばかり。序盤なんで」。上位と対戦する終盤に向けて、少しずつギアを上げる。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年9月12日のニュース