沙羅、北海道復興の旗振り役へ「今まで支えてくれた恩返しを」

[ 2018年9月12日 05:30 ]

グランプリジャンプ女子で個人総合7連覇を果たし帰国した高梨                              
Photo By スポニチ

 ノルディックスキーの夏の国際大会、グランプリ(GP)ジャンプ女子で個人総合7連覇を決めた高梨沙羅(21=クラレ)が11日、成田空港に帰国。ロシアで北海道胆振東部地震を知ったといい「募金活動など今まで支えてくれた恩返しをしたい」と復興の旗振り役を買って出た。

 選手間でも地震の話題で動揺もあったが、母親からの「試合に集中しなさい」というメッセージで切り替えた。「自分ができることは結果を残すこと」とまずは良いニュースを大好きな北海道へ届けた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年9月12日のニュース