美誠0―3から奇跡の大逆転勝ちで中国撃破!愛以来のV王手

[ 2018年6月10日 12:06 ]

卓球・荻村杯ジャパン・オープン最終日 ( 2018年6月10日    北九州市立総合体育館 )

<LION卓球ジャパンオープン荻村杯最終日>女子シングルス準決勝、決勝進出を果たす伊藤(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 女子シングルス準決勝で世界ランク6位の伊藤美誠(スターツ)が同10位の陳幸同(中国)を4―3で破った。午後3時40分開始予定の決勝では、同5位の王曼イク(中国)と対戦する。

 奇跡的な大逆転劇だった。陳に3ゲーム連取され、あとがない第4ゲームも4―9の大ピンチに陥ったが、ここから伊藤が驚異の粘りを見せた。7連続得点でこのゲームを奪うと、一気に流れをつかんでフルゲームの死闘を制した。試合後、伊藤は「0―3にされて難しいかなと思ったけど、負けてもいいから思い切りやろうと思った。そこから何も考えずに3―3までいけた。3―3になれば勝つチャンスはあると思った。厳しいボールについていって、相手のミスを誘うことができた」と振り返った。

 今年に入って中国人以外に負けなしで、「中国とやる時も冷静さを保ちたい」と話していた17歳がファイナル進出。日本女子として13年の福原愛以来、5年ぶりの頂点へ、香港オープン、中国オープンと2週連続で敗れている王曼イクに挑む。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2018年6月10日のニュース