比嘉が首位 同郷・藍さんの初冠大会に「名前を刻めれば光栄」

[ 2018年6月10日 05:30 ]

女子ゴルフツアー 宮里藍サントリー・レディース第3日 ( 2018年6月9日    兵庫県 六甲国際GC=6525ヤード、パー72 )

14アンダーで首位にたった比嘉真美子の2番ティーショット(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 比嘉真美子が68でスコアを4つ伸ばし今季初めて最終日を単独首位で迎える。ティーショットで「4、5回使った」という3Wで「振り切れているのがいい」と満足そうに振り返った。同じ沖縄出身の宮里藍さんの初冠大会ということで「小さな島に、人をこんなに感動させる人がいるんだ、と思っていました。夢の中の人。その名が付いた大会で私の名前を刻めれば光栄」と優勝に強い意欲をみせた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2018年6月10日のニュース