美誠 準決勝進出「冷静にできた」愛以来5年ぶり日本勢頂点だ

[ 2018年6月10日 05:30 ]

卓球 萩村杯ジャパン・オープン第4日 ( 2018年6月9日    福岡・北九州市立総合体育館 )

女子シングルス準々決勝、力強く打ち返す伊藤(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 伊藤が台湾の実力者・鄭怡静を撃破して準決勝に進出した。「中国以外なら、冷静にできるようになった」。2ゲーム先取した後に2―2と追いつかれたが、「大丈夫、大丈夫」と言い聞かせて第5、6ゲームを奪い勝負を決めた。準決勝は中国の陳幸同、決勝も中国の劉詩ブンか王曼イクのどちらかと激突。「中国とやる時も冷静さを保ちたい」。13年の福原愛以来、日本勢5年ぶりの頂点を目指す。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2018年6月10日のニュース