美誠 王曼イクに7戦目で初勝利「勝てて良かった」応援に感謝「何回かくじけそうに」

[ 2018年6月10日 16:05 ]

卓球・荻村杯ジャパン・オープン最終日 ( 2018年6月10日    北九州市立総合体育館 )

<LION卓球ジャパンオープン荻村杯最終日>女子シングルス決勝、優勝しガッツポーズする伊藤(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 女子シングルス決勝で、世界ランク6位の伊藤美誠(スターツ)が、同3位の王曼イク(中国)を4―2で破って初優勝。日本勢としては2013年の福原愛以来、5年ぶりの戴冠となった。王曼イクには7戦目にして初勝利を挙げた。

 試合後、伊藤は「今とても幸せです。何回かくじけそうになりましたが、本当に皆さんの応援のおかげで優勝することができました」と感謝。「3回連続の王曼イク選手だったけど、三度目の正直で勝てて良かった」と喜んだ。

 伊藤は王曼イクに2週前の香港オープンで3―4、先週の中国オープンで1―4と2大会連続で敗れていたが、自国開催の今大会でリベンジを果たした。

◆過去の王曼イク戦◆

14年世界ジュニア  0●4

14年韓国OP    2●4

17年荻村杯     2●4

17年カタールOP  1●4

18年香港オープン  3●4

18年中国オープン  1●4

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2018年6月10日のニュース