バド 廃部のルネサス元コーチ、当時の監督・今井氏らを告訴

[ 2018年6月10日 05:30 ]

 14年度限りで廃部となったバドミントン女子の強豪ルネサスの元コーチが、当時監督を務めていた今井彰宏氏とコーチだった吉冨桂子氏に対する恐喝容疑の告訴状を熊本県警に提出したことが9日、分かった。ルネサスのバドミントン部は15年4月に再春館製薬所が引き受け、今井、吉冨両氏や選手、元コーチらも入社した。告訴状によると、元コーチは14年8月に、再春館製薬所への移籍に絡んで40万円を吉冨氏に渡さなければ協力しない、と今井氏から脅され、指示に従ったという。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2018年6月10日のニュース