青狼 万感の結婚披露宴「幕内に定着して」鶴竜からもエール

[ 2018年6月10日 16:51 ]

ウェディングケーキのファーストバイトを前に笑顔の青狼とハリウム夫人(撮影・斎藤 純)
Photo By スポニチ

 大相撲の十両・青狼(29=錣山部屋)とガンツムル・ハリウムさん(29)の結婚披露宴が10日、東京都中央区のホテルで行われた。師匠の錣山親方(55=元関脇・寺尾)をはじめ、鶴竜(32=井筒部屋)、白鵬(33=宮城野部屋)の両横綱ら約250人が出席した。

 モンゴル出身の青狼はハリウム夫人と16年12月に婚姻届を提出。「番付が下がったので」と結婚式を延期していたが、晴れてこの日を迎えた。「相撲を取るより緊張しました」と額の汗を拭った。初場所から3場所連続で勝ち越し中で、名古屋場所(7月8日初日、ドルフィンズアリーナ)の活躍にも期待がかかる。「また幕内に戻れると思っています」と笑った。

 謝辞では「どれくらいの人が来てくれるか分からなくて心配していたが、こんなにたくさんの方に来ていただき心がいっぱい」と感謝。白鵬は直立不動で静かに聞き入り、大きな拍手を送った。

 鶴竜はあいさつで「これを機に幕内に定着してほしい。2人で力を合わせて頑張ってください」と同郷の後輩にエール。披露宴後に報道陣に対応し、自身の3場所連続優勝に向けて「また新たなチャレンジになる。自分自身どれだけできるか」と意欲を示した。家族と過ごした約1週間の休暇で「リフレッシュできた」と英気を養い、すでに4日から稽古を再開。「いい調子。(夏場所の優勝から)切り替えて、名古屋では新しい姿を見せたい」と前を向いた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2018年6月10日のニュース