石浦 トークショーで際どい話題を連発 ファン大盛り上がり

[ 2018年6月10日 16:11 ]

絶妙トークでイベント会場を和ませた幕内の石浦
Photo By スポニチ

 大相撲幕内・石浦(宮城野部屋)が10日、東京都墨田区内で行われた地元のイベントにゲスト参加。トークショーでは際どい話題を連発して笑いを誘った。父が相撲部監督だった縁で、鳥取城北高に進学。司会者から主な母校のOBを聞かれると、「一番の先輩は、野球賭博で(力士を)辞めた琴光喜さんです」とさく裂させ、集まった約100人のファンは沸き上がった。

 同高から日大に進みむと卒業後はオーストラリアに語学留学。司会者から「英語をしゃべれる力士は珍しいのでは?」と問われると、今度は「(自分と無免許運転で引退した)大砂嵐ぐらいですね」と答えて再び笑わせた。

 雨が降るな中で、仮設テントの下で盛り上がるトークショー。日大時代は悪質タックル問題で世間を騒がせているアメフットの日大フェニックスの隣に練習拠点があったという。司会者から当時の相撲部監督の名前を問われ、「いまの理事長の田中先生です」と石浦。ギリギリのトークが展開される中、石浦がプライベートでは同じ日大出身の力士らと会食することがあると明かす。すると、司会者は「(日大)理事長のちゃんこ屋さんに行くんですか?」と質問。これには石浦も「結構ぶっ込みますね」と苦笑いし、「行けません」と答えて話題を切り替えていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2018年6月10日のニュース