鶴竜 進退どこ吹く風 安定の連勝で表情にもゆとり

[ 2018年1月16日 05:30 ]

大相撲初場所2日目 ( 2018年1月15日    東京・両国国技館 )

<大相撲初場所2日目>貴景勝(右)を押し出す鶴竜
Photo By スポニチ

 鶴竜が、初日に稀勢の里を破った貴景勝を難なく押し出した。低い重心から繰り出される相手の突き押しを、ものともしなかった。左から張り手をかまして右を差しつつ、相手のお株を奪うような押し相撲だった。

 「初心を思い出していかないと」。初日の北勝富士戦の最後は引き技。この日は前に出続ける相撲を徹底した。先場所まで4場所連続休場し、成績次第では進退がかかる。その重圧の中で、安定感のある2日間。「一日一日良くなっていけばいい」と、表情にもゆとりが出てきた。古傷の左足首痛が再発しないように、寝るときは温暖効果があるとされるウールの靴下をはき、冷やさないように細心の注意を払う。再起場所は、ここまで順調だ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年1月16日のニュース