山下氏 JOC強化本部長として相次ぐ不祥事に危機感あらわ

[ 2018年1月16日 05:30 ]

 山下会長はカヌーの薬物問題、競泳の暴力事件を受け、日本オリンピック委員会(JOC)強化本部長の立場で「カヌーの問題はそういうこともあり得ると予想していたが、日本で、日本人同士で起きた。ショック」と肩を落とした。暴力問題についても「いかなる状況でも暴力を振るうことは許されない」と語気を強めて断罪。五輪へ向け「国民が応援したくなる選手を育てないと」と危機感をあらわにした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年1月16日のニュース