スケルトン男子で2枠獲得 平昌五輪出場枠発表

[ 2018年1月16日 11:30 ]

 国際ボブスレー・スケルトン連盟は15日、平昌冬季五輪の各国・地域別の出場枠を発表し、日本はスケルトン男子で2枠を獲得した。代表として2014年ソチ冬季五輪代表で世界ランキング28位の高橋弘篤、同44位の宮嶋克幸(仙台大)の出場が確実視されている。14日までの最新ランキングなどに基づいて割り振られた。

 日本ボブスレー・リュージュ・スケルトン連盟によると、スケルトン女子とボブスレー男女の2人乗りで日本は出場枠を獲得できなかったが、出場を辞退する国・地域が出た場合などに追加される可能性を残している。19日までに最終的な出場枠が確定する見通し。

 東京都大田区の町工場が中心となってそりを開発する「下町ボブスレー」から供給の契約を結ぶジャマイカ女子2人乗りも1枠を獲得した。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年1月16日のニュース