白鵬 逸ノ城を圧倒 張り手、かち上げ封印で連勝

[ 2018年1月16日 05:30 ]

大相撲初場所2日目 ( 2018年1月15日    東京・両国国技館 )

<大相撲初場所2日目>逸ノ城(右)を寄り切る白鵬
Photo By スポニチ

 白鵬が再び張り手とかち上げを封印し、2連勝を飾った。幕内最重量、215キロの逸ノ城をじっくり料理。真っすぐ当たる立ち合いから、素早く右を差して左上手を引いた。

 得意の上手投げが決まらなくても、攻め直すだけ。頭を付けて、さらに盤石の体勢をつくり、粘る巨体を寄り切った。支度部屋では「(逸ノ城は)また重くなったかな」と、ひと仕事を終えた職人のように淡々。八角理事長も「落ち着いていたね」と感心した。

 初日は、朝稽古で古傷の右足親指付近を痛めたこともあり、阿武咲を土俵際でかわして逆転。しかし、この日は踏み込んでの力相撲。足の状態も「日に日に、という感じだね」と上向きだ。この日の朝、部屋に持ち込まれた超音波治療器が効いた可能性もある。

 張り手とかち上げなしで、どこまで連勝が続くか。勝負どころでさく裂するのか。白鵬はファンに新たな楽しみ?を与えている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年1月16日のニュース