大鵬の孫・納谷が白星デビュー 朝青龍の甥・豊昇龍も初土俵

[ 2018年1月16日 09:48 ]

大相撲初場所3日目、朝東(左)を攻める納谷
Photo By スポニチ

 大相撲初場所3日目(16日)の前相撲で、新弟子検査に合格した元横綱・大鵬(故人)の孫で、元関脇・貴闘力(50)の息子でもある納谷(17=大嶽部屋)が白星デビューを果たした。

 立ち合いから果敢に前に出ると、朝東をいとも簡単に突き出した。「あまり緊張しない方。(昨晩は)気がついたら寝ていた」と明かした有望株は「最初なので勝ててうれしい」と素直に喜びを口にした。

 元横綱・朝青龍の甥であるスガラグチャー・ビャンバスレン改め豊昇龍(18=立浪部屋)も初土俵で白星を飾った。体格で勝る雲仙岳を寄り切りで破った。「(叔父は)この土俵で何回も優勝してきた。そこに続けるように頑張ります」と決意を新たにしていた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年1月16日のニュース